太陽の愛

まず、私たちが知っておくべきことは、太陽、地球、その他の惑星は、私たちと同じ様に感じ、考え、感情に反応する生命体だということだ。現在、地球上の莫大な数の人々はかなりの量のエネルギーを産出していて、それが地球と太陽のエネルギーと相互に作用しあっている。


私たちの太陽は直接、娘の地球(我々の母)に反応する。だから地球上の生命(ほとんど人間)はそれを感じている。(同じ様な事が太陽系のほかの惑星でも起こっている)。ほとんどのエネルギーは我々の恐れという感情によって太陽から引き出される。恐れは、いわゆる否定的感情と呼ばれる全てのものの原因である。否定的感情は肯定的エネルギーを必要とする。バランスをとるためだ。だから太陽は愛(明るい光、温かさ)を娘に送る。よって我々がもっと感情を出せば、太陽のフレアももっと大きくなる。


同時に地球は全ての感情を感じとる。現在は愛より恐れの方がずっと多く人々から放たれているので、太陽はその恐れを燃やすためにより多くの放射(愛)を送る。どんなものも燃やすためには力も注がれ、この力の勢いで地震や深刻な天候が引き起こされる。それらも地球浄化のプロセスなのだ。


もし私たちが地球にもっと愛を注げば、私たちの母、地球は恐れを燃やす必要が減り、太陽の放射も軽減する。これは地震や天災を減らす最も実用的で最も美しいやり方である。一緒に地球瞑想をして後の地球と太陽にどんな影響が出るか見てみようではないか。


世界中で立ち起こる愛の地球瞑想。我々生命の質を上げるだけでなく、地球に住む全ての個人の意識世界を広げる実践的な方法。ぜひ一緒にやりませんか?