平和な世界のために何ができる?

どのようにメディアが人々に影響を与え、その結果として地球にもたらされるものは何なのか。例えの一つとして米−イラク戦を報道する時の表現方法が挙げられる。お気づきのようにその記事の見出しは大きく太い文字で書かれ、記事は戦争の画面がマインドに刷り込まれるかのごとくだ。そのような見出しはいわゆる「黒の力」(暗闇)と呼ばれるものを強め、「良い力」(光)を弱める。

 人が例えばこう耳にしたとする:「米−イラク戦」、「戦争の脅威」、「戦争は起こるのか」、「あと数日で戦争に突入」、「戦争準備万全」、全て「戦争」という言葉を含んでいる。このような文句はそのことが起きるイメージを育て、実際明白な関連要素となる。起こって欲しくない避けたい事であるのにもかかわらず。一体私たちは戦争と平和のどちらを求めているのか。

 観察力が鋭く疑い深い人は、私たちは「黒の力」を強める目的を持った地球規模のメディアに操られているとさえ思うかもしれない。多分それは正しい、つまるところ、操作する側の思う壺となるイメージを引き起こすような感情表現を用い、人々を操作するのは簡単なことなのだ。

 想像してみたらいい。そのような表現を何億もの人が聞き、見、読んだ時、地球を支配するのは何か。どれだけの人たちの心に、平和や愛の絵が浮かぶか。
 しかしあなたは同時に想像できる。同じ事実を伝えながら心に浮かぶ絵が平和である表現を。上の例えですれば:「米−イラク平和の果て」、「平和の危機」、「平和は持ちこたえるか」、「あとは数日で平和に終止符か」、「平和の断絶は確実」。
さて、それぞれの表現の違いを感じてみて欲しい。「戦争」という文字と「平和」という文字を耳や目にした時、心と頭に浮かぶものの差を。まだ「黒の力」は心を支配しているか。

 誰もが自分にこう聞くことができる:力のない私個人に何ができるのか、何もできない。
本当に?イラクとアメリカ双方の平和をいつも心に描く事で、「良い力」を強める事ができるのだ。


 一番小さなひとにぎりの思いでさえこの宇宙に影響を与える。その影響は一吹きの風のように目に見えないものかもしれない。でも確かに影響はある(事は思いから生じる)。
 あなたの想像する全てが現実化する部分を含んでいる。私たちは環境(家族、地区、町、国、星、銀河)という条件の中にいる何故ならその環境に身をおくことが具現化されているからだ。 もし地球上のたった一人でもその想像画を変えたら、全ての想像画が変わる。小さすぎて分からないか?しかし変化は事実起こっている。そしてより多くの個人が想像画を変える事ができれば、現実化が目に見えるようになってくる。全ての人間同士がいついつ時も影響を与え合っている。だからもしあなたの心で平和のイメージを思い浮かべれば、それが連鎖反応となり、やがて米−イラク関係の平和構想が地球規模で起こってくる。


 いつも、決めるのはあなた自身。私も世間の波に乗り操作されるままでいることもあれば、自分の想像を他の誰かがするのを許さないこともある。


 そしてもう一つ。ここで一番大切なこと。
あなたが平和のためにできることは何か?
_宇宙の中で最も偉大な力、生命を創造する力を使えばいい。その力は愛だ。
地球全ての住人の中で今特にイラクとアメリカが私たちの愛を必要としている。何故なら恐れが愛を脇にやってしまっているからだ。
 あなたはいつも選択できる。あなたの本質である愛をあなたを通して顕すことを。時間を見つけて静かなところ(必ずしもそうでなくてもいい、バスの中でも仕事場でも風呂の中でも)で自分に注意を向ける。あなたの本質が愛であり、それはあなたの心と体を通して現れることを感じて欲しい。この愛は全ての生命の泉であるから、それで平和をイメージすれば、愛がをそれを現実化する。宇宙で最も偉大なこの力は、あなたのイメージを強め、またあなたがその絵を家族や友達と分かち合えば彼らも同じ様に思い浮かべるようになるだろう、そしてその連鎖反応が起こりはじめれば、地球平和が具現される勢いはもう止まらなくなる。

 平和のためにあなたができる事は以上だ。まずあなたが始め、共同作業で実現する。愛を武器にして。そしてその恩恵を一番に受けるのはあなた自身だ。

 現実はどうであれ、イラクとアメリカの間に平和があろうがなかろうが、平和の思いは常に現実化し続ける。だからずっと続けていこう。

 この事実を他の皆とも分かち合う。それがあなたの地球平和への貢献となる。