断食中生じる虚弱感

体が本当に弱っている(休養が必要)場合と、エネルギーの低下している(エネルギー体操が効果的)を見分ける必要がある。断食中、体は運動(エネルギー体操でさえ)をせず、休む体制をとるかもしれない。そんな時はほとんど全ての生命エネルギーが体のヒーリングに注がれている。発熱、めまいなどの症状がでるかもしれない。それで、あなたは体に「悪い」ことが起きていると思うかもしれない。そんな時エネルギー体操をしても助けにはならないから、しないことだ。もう少しの間ベッドに横になっていたらいい。体のためと思って余計傷つけてしまう事もあるのだ


少し気分がよくなったら、交互シャワーをする。(記事・1参照)大切な事は、最後は冷たいシャワーで終えること。そしてエネルギー運動を15〜30分する。その後どう感じるかみてみるもしまだ虚脱感を感じるようならベッドに戻るなり、黙想やヴィジュアライゼーションなどをして過ごすことだ。


ある時は倦怠感と共に目覚め快調とはいえないがそれほど悪くもない場合、交互シャワーとエネルギー体操をすれば、元気になり、幸せ感もやる気も生じる はずだ。そんな状態のときもベッドにいるというなら体にいいことはない。むしろ体が欲するエネルギーが得れなくて弱まるかもしれない。

 朝起きたときの気分を見極める事が大切である。体が本当に休みたがっているのか、一時的感じる弱々しさなのか。もし体が本当に休息を求めているなら、そうしたらいい。眠るなり、横になるなり、気分が優れるまで。もし、それほど強い虚弱感、倦怠感でないなら上に挙げたように体を動かしたらいい。