ビジュアライゼーション(映像化)



リビングオンライト、又体に生じる変化のほとんど全てが心の中にある無意識の部分(潜在意識)から来る。心の潜在部分は蓄積された情報の集合体で、プログラム(思考)を司っている。体であれ感情であれ習慣であれ、あなたが変えたいと思うこともすべてこの集合プログラムで変えられる。

このプログラムを変える方法が、ビジュアライゼーション(映像化)である。 実際これほど自覚的方法は他にない。なぜならそれこそが、無意識が感じることのできる唯一のものだからだ。あなたが意識的にやっても、そして、これはいつも起こっている事だが、誰かが、あるいは何かがあなたの気づかないうちにやっても同じだ。 映像化は、潜在意識に送る唯一の有効なプログラミング言語といっていい。だから、そのやり方が分かったら、あなたも今すぐにプログラム更新が可能になる。

もしあなたがあなたの体、または人生を変えたいと願うなら、ビジュアライゼーション(映像化)を利用すべかだ。これから、効果的に映像化するための要素を述べる。これらの要素を十分に用いればビジュアライゼーションはすぐに効果をもたらし、もしそうでない場合でも、あなたの粘りで後々現われてくるだろう。

1.最終的目標のライブ映像を作る。映像は変えられないから作る前に自分の欲するものをはっきりさせる必要がある。もし後でその写真を変えたら、明確にした将来を壊さなくてはならない。 一番重要なことは、以下のことだ。その映像は生きづいていて、リアルな生の感覚がそこにあり、限りなく現実的であるように。あたかも目の前に実在するように、あなたの想像の中で、感じ、思い描くができるように。

2.その映像の最終的目標は、今この瞬間、もはや達成していると思いこむ。
「……したい」「……を願う」「……であるように」などと考えると効果は期待できない。
なぜなら。それはずっと「……したい」「……を願う」「……であるように」であり続けるからだ。
そうでなく「今こうだ」「もうこうなった」という風に考える。あなたの今の思い描きが目標を達成する。

3.今がもうその状態だと認識すること。信じようとしてはいけない。信じようとすると、同時に疑うことになる。ただそうだと認識すること。最終目標が実現したと「感じる」こと。

4. 次に、思い描いたものにエネルギーを注ぐ。すると心の中の無意識の部分が最終目標を生み出す。
最もパワフルな感情は、愛から生まれる。(そして、それは生命エネルギーを生み出す根本である) 愛があなたから自ずとあふれ出るに任せる。本来のあなたはその根源にいるのだから。あなたは純粋なる愛、光なのだから。
だからただ「感じ」たらいい。作り出そうとするのでなく。あなたはその源。ただそれを自分で感じたらいい。
愛は湧きあがりあなたを圧倒し、心の中の無意識の部分に大きな変化をもたらす。
そして最終目標も生まれでる。その感情が沸き起こった時に生写真を掲げるのだ。そのような状況において心の中の無意識は他の選択をしない、なぜなら無意識は判断しない、考えないただ行動するだけだ。無意識が写真を見、エネルギーを十分に持てば、それを現実化させるだろう。

これらの事を正しく行えば、プログラムに変化が起こり、最終目標は実現する。実践あるのみ。そのうち手の中から物質を生み出したり、体の形を変えたりできるようになるだろう。どのようにそうなるのか、どのように有形の幻覚(物質としてしられている)が、心の思いと、光から作り出されるとわかるだろう。